Snapshot of Japan 2016-2018

A select archive of websites of political parties, religious organizations, labor unions, agricultural cooperatives, women's groups, financial organizations, political leaders, activist groups, manufacturing associations, university departments, influential figures, energy resources, and other contemporary topics, such as online bullying, part-time employment, social minorities, and cyber security.

Description

“Snapshot of Japan 2016-2018” is an archive of a broad swath of websites touching upon some of the key issues in Japanese society during the years 2016-2018.  The aim of the archive is to give a broad picture of the three-year period.  Within the archive, the sites are divided into sub-categories, including political parties, religious organizations, labor unions, agricultural cooperatives, women's groups, financial organizations, political leaders, activist groups, manufacturing associations, university departments, influential figures, energy resources, and other contemporary topics, such as online bullying, part-time employment, social minorities, and cyber security.  Chosen for their academic use to current and future scholars, the sites represent a sampling of representative groups.  The collection does not aim to be comprehensive, but rather to collect those sites that will provide a complex picture of both national and local organizations.

Procedure

After selecting possible sites to crawl, Stanford Libraries sends a notification letter to inform the site owners of our intent.  Thereafter, the chosen sites are crawled on a regular basis.  The web crawler records publicly available information, including the contents of the seed URL and other pages from the same website.  There is a minimum of a six-month embargo before publishing the archived sites online.  Thereafter, the archived sites appear on the Stanford Web Archive Portal with a prominent overlay navigation bar, which differentiates them from the live site.   

A sample notification letter can be found here.

An example of how archived sites appear in Stanford Libraries’ catalog, SearchWorks, can be found here.  

This is an example of how they appear in the Wayback presentation. 

Further details about Stanford University Libraries’ web archiving program can be found here.

日本のスナップショット(2016年~2018年)

政党、宗教団体、労働組合、農業協同組合、女性団体、金融機関、政治リーダー、活動家グループ、製造業、大学(政治経済、法律、経済学部)、社会に影響力のある人物、若者の非正規雇用状況、資源・自然エネルギー、社会問題、、サイバーセキュリティ、ネットハラスメント等のウェブサイトのアーカイブ。

「Snapshot of Japan 2016-2018」は、2016年から2018年までの日本社会の中で抱える社会的、文化的に多岐にわたる分野での主要な課題についてのウェブサイトを収集したウェブアーカイブ・コレクションです。この目的は、3年間の広範囲に渡る多様な社会についての視点を提供することです。サブカテゴリーは、政党、宗教団体、労働組合、農業協同組合、女性団体、金融機関、政治リーダー、活動家グループ、製造業、大学(政治経済、法律、経済学部)、社会に影響力のある人物、若者の非正規雇用状況、資源・自然エネルギー、社会問題、、サイバーセキュリティ、ネットハラスメント等などに分かれています。そして、現在及び将来の研究者や学生のために学術利用として選ばれたこれらのサイトは、社会的、文化的にその分野の代表を意味します。また、このコレクションは、包括的ではなく、むしろ国や地域を越えた組織や団体、および草の根活動に渡るあらゆる層の多種多様で代表的なウェブサイトを収集することを目指しています。

<手順>

アーカイブのためにウェブサイトを選定した後、当館は、サイト管理者へ 許諾のための通知を送付いたします。その後、選定されたウェブサイトは定期的に自動収集されます。それらは、"archive.org_bot"と呼ばれ る自動収集ロボットを使用して、サイトのURLやサイトを構成している文書、画像などのファイルを収集し記録します。保存されたウェブサ イトの公開には、最低6ヶ月間の閲覧制限が設けられます。その後、保存されたウェブサイトは、スタンフォード大学のウェブアーカイブ・ポータル上で、ナビ ゲーションの上位部分に重層のバーが表示され、現サイトとの区別が判別出来るよう公開されます。詳しくは以下のリンクを参照して下さい。


スタンフォード大学図書館・ウェブアーカイブの手順・詳細


スタンフォード大学図書館・オンライン閲覧目録、SearchWorks での表示例

スタンフォード大学図書館・ウェブアーカイブ・ポータルでの表示例(公開後)

スタンフォード大学図書館・ウェブアーカイブについての全体的な説明(英語)